Go to English site →


東京湾ホエールズ ( 2018-09-10 )

”東京湾ホエールズ” 2018年9月イベントスケジュール


東京湾ホエールズ、2018年9月開催分のスケジュールをご紹介します。

※日にちをクリックするとスケジュールへスクロールします。

09.04

09.11

09.18

09.25

以下詳細 -

09.04 (tue) < MARACASQUESTIONS with 辰巳小五郎 >

Entrance : 1,000 + 1D

出演者 : MARACASQUESTIONS(わちけん talkbox, melodion, track / 小川トオル electric guitar / 浅田孟 electric bass),辰巳小五郎 trumpet

MARACASQUESTIONS プロフィール : 東京・高円寺発。わちけん(トークボックス、メロディオン、トラック)と小川トオル(ギター)の2人組ユニットに、数々の伝説的ロックバンドでボトムを支えてきた浅田孟(ベース/ サンハウス、シーナ&ザ・ロケッツ、ARB 等)をメンバーに迎え、今回はそこにThe Space Baaの辰巳小五郎が合流。 ロック、テクノ、レゲエ、ソウルをごった煮した、今こそラブ&ピースな音をゆったりお届けします。

09.11 (tue) < 低音環境+玉井夕海 >

渋さ知らズのダンドリスト不破大輔(contrabass)と、類稀なるダイナミックチュービスト・高岡大祐(tuba)の伝説デュオ。2018年、12年ぶりに再始動。東京湾ホエールズ二周目スタートを記念して、玉井夕海との初共演です。

Entrance : ¥2,000 + 1D

出演者 : 低音環境(不破大輔 / 高岡大祐)+玉井夕海

不破大輔 プロフィール1959年札幌生.フリージャズのベーシスト。渋さ知らズ主宰。’80年代に「のなか悟空人間国宝」「フェダイン」に参加。’89年「渋さ知らズ」結成。国内海外様々な場所で演奏。「風煉ダンス」「翠羅臼」「呉一郎」「発見の会」「戌井昭人」など劇伴作曲多数。プロデューサーとして、佐々木彩子、南波トモ子、玉井夕海、十中八九、チョビ渋、川下直広カルテットの音源を手掛ける。最新作は、渋さ知らズ『渋樹』。2000年代後半から各地でワークショップを行い、札幌では2010年より小学4年生から高校1年生の30名の子どもたちと3年間バンドワークショップを経験する。名前は「チョビ渋」。2017年7月より、WISE OWL HOSTELS TOKYO後援『東京湾ホエールズ』ブッキングディレクター。

高岡大祐 プロフィールチューバ奏者。大阪生まれ。90年代中頃より音楽活動を開始し、以降即興演奏とジャズ、音響的な側面を持つアコースティック / エレクトロニクス的な演奏形態を中心とする。独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使しアコースティックでの表現を追求し、吹奏の限界拡張に挑戦中。 近年は、低音金管楽器を特殊な共鳴体として捉えて、生音響を電子音楽のように演奏 / 操作し、アコースティック・シンセサイザーというような音響合成装置のように扱い、「音同士の干渉による自律した変化」に焦点を当てた演奏を多くおこなう。

玉井夕海 プロフィール1977年東京生。ウタウタイ。渋さ知らズ。東京藝術大学建築科在学中、宮崎駿アニメーション演出家養成講座『東小金井村塾2』修了。声優として映画『千と千尋の神隠し』リン役、テレビアニメ『亡念のザムド』紅皮伊舟役。映画『もんしぇん』では共同脚本・主演・音楽(Psalm)を、2011年4月から始まった旅の記録映画『White Elephant』では映像作家・神田光と共同監督を務める。 2013年渋さ知らズメンバーとなり、2015年、渋さ知らズ主宰・不破大輔プロデュースによるアルバム『MOTHER SUN』(FUWA WORKS&地底レコード)リリース。2017年9月には、映画『NOT LONG,AT NIGHT』でタッグを組んだ映画監督・遠山昇司とのコラボレーションによるアートプロジェクト《ポイントホープ》もスタート。2017年7月よりWISE OWL HOSTELS TOKYO後援『東京湾ホエールズ』プロデューサー。

09.18 (tue) < 鳴らした場合 1stアルバム「ふつえぬ」レコ発ライブ!!! >

Entrance : 当日 ¥2,000+1drink / 予約 ¥2,000 +1drink (特典★★未発表音源CD-R付き!!★★)

ご予約先 : 『Sound & Bar HOWL』 TEL : 03-5541-3329 受付時間(18:00 - 24:00)
お時間外はメールフォーマットにてhttps://soundbarhowl.com/contact

<メール予約 必要事項>
●お名前
●︎メールアドレス
●︎お問い合わせ種類
「その他」をお選びください。
●コメント蘭
「9/18 鳴らした場合 予約」とご記入の上、「ご予約人数」を必ず明記して 送信ボタンを押してください。
●バンドメンバーのフェイスブック、ツイッターのメッセージでも直接ご予約受付中。
「9/18 鳴らした場合 予約」とご記入の上、お名前と、ご予約の人数を必ずご記入ください。

※会場は全席自由となります。

主催&協力:東京湾ホエールズ

出演者 : 鳴らした場合

鳴らした場合 プロフィール : 『鈴木勲OMA SOUND』『日野皓正クインテット』『渋さ知らズ』『三上寛trio』『Tabletop Guitars』などでギターを弾く加藤一平のリーダーバンド『鳴らした場合』が1stアルバム「ふつえぬ」をリリース。
『EDITS:編人』を主催し、『DJ 顔』『おやつタイム』を率いる村田直哉(turntable)。
『balen disc』を主催、『polyphonic parachute』『qb(quantized boys)』などに参加するyuki kaneko(electronics, tape, toys)が参加。
想い出が記憶の中でバグって、勘違いと美化の末に言葉と時間軸もすっ飛ばし、良い塩梅に発酵されたフォークミュージックに?もしくはたった今生まれたフォークロア。モノトーンの朴訥としたモチーフがリアルタイムエフェクトで引き伸ばされたり、早回し、逆回転で姿を変え、ターンテーブルとエレクトロニクスによる多彩な音のカットアップによりキラキラとギラギラとコンポーズされていく。淡く滲む情緒と激しく鋭いスピード感を伴ったギターは、ビート、声、楽器、非楽器の断片と共に、三人の妄想を飄々と形にし、聴いているうちにじんわりと何処かへ連れていかれたかと思えば、急に目の前の景色と結びついて生々しく立ち上がる。

そう言えば記憶の片隅にこびりついているあの三人組のサウンドトラック。もしかしたらティーンエイジシンフォニー。』

09.25 (tue) < 1周年記念・ラジオ風ライブ『東京湾ホエールズ』 >

9/29-30開催 東京湾ホエールズ1周年記念フェスティバル『Howling Whales』を目前に、出演アーティストの御紹介や、遊び方提案、一年を振り返っての色々などを、東京湾ホエールズプロデューサー・玉井夕海と、東京湾ホエールズサウンドエンジニア・田中”アニキ”篤史がお話しします。時折ライブも混ざります。フェスが気になっている方、当日はどうしても行けないという方、どなたさまもお気軽に呑みにいらしてください。

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : 玉井夕海 田中”アニキ”篤史

玉井夕海 プロフィール : 1977年東京生。ウタウタイ。渋さ知らズ。東京藝術大学建築科在学中、宮崎駿アニメーション演出家養成講座『東小金井村塾2』修了。声優として映画『千と千尋の神隠し』リン役、テレビアニメ『亡念のザムド』紅皮伊舟役。映画『もんしぇん』では共同脚本・主演・音楽(Psalm)を、2011年4月から始まった旅の記録映画『White Elephant』では映像作家・神田光と共同監督を務める。 2013年渋さ知らズメンバーとなり、2015年、渋さ知らズ主宰・不破大輔プロデュースによるアルバム『MOTHER SUN』(FUWA WORKS&地底レコード)リリース。2017年9月には、映画『NOT LONG,AT NIGHT』でタッグを組んだ映画監督・遠山昇司とのコラボレーションによるアートプロジェクト《ポイントホープ》もスタート。2017年7月よりWISE OWL HOSTELS TOKYO後援『東京湾ホエールズ』プロデューサー。 WEB http://tamai-yoomi.com

東京湾ホエールズ

開催日:毎週火曜日開催

場所:Sound & Bar HOWL
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目22−9 WISE OWL HOSTELS TOKYO B1F

時間:19:00 - 23:00

Producer : 玉井夕海(ウタウタイ 渋さ知らズ)
Artists booking : 不破 大輔(渋さ知らズ主宰)


ABOUT | MENU | MONTHLY | TOPICS | RENTAL SPACE | ACCESS | RECRUIT | CONTACT

©︎2017- SOUND & BAR HOWL