Go to English site →


東京湾ホエールズ ( 2018-09-07 )

SPECIAL REPORT!! - MARACASQUESTIONS with 辰巳小五郎 -



※画像をクリックすると拡大します
※敬称略

今回からいよいよ2年目に突入した東京湾ホエールズ。
バンドとしても個人としても初登場となったMARACASQUESTIONSのメンバー3人に加え、今回はThe Space Baaの辰巳小五郎がゲスト参加。
今回の公演が初のワンマンとなるMARACASQUESTIONS。とはいえメンバー達はそれぞれ違う音楽の舞台で活躍してきた精鋭。その”玄人達が集まった新しいバンド”は一体どの様なステージを見せてくれるのだろうか。
本州を台風が通過する中、期待を胸に集まった大勢の観客たち。外の暴風とはまるで別世界、ゆったりとしたリズムとメロディが会場に響きはじめた。

スローで、心地のいい一定のベースライン。そこに乗っていくギター、いつもよりも丸みを帯びたトランペット。
「ゆっくり聴いていってください。」司会進行役は辰巳小五郎。音に身を任せ、誘われてゆく聴衆たち。
わちけんのボコーダーが入る。ボコーダーを使った音楽はHOWLでは初めて耳にする。世界的に有名なエレクトロデュオDuft Punk、同じくボコーダーを駆使した楽曲が多く、その世界観は近未来というのがぴったりだろう。
MARACASQUESTIONSにも同様の空気を感じつつも、そこにある暖かみや安らぎは彼のボコーダーとギター、ベース、トランペットの融合がなせる技。
電子音楽は苦手、そんな人も多くいるがMARACASQUESTIONSにはおそらくその苦手意識は感じない。機械的かつ人間味のある音楽。矛盾しているが、ごった煮とはこういうことなのだろう。

火曜日のHOWLでは珍しく、DJがクラブで音楽を鳴らしているかのような4beatの低音が聴こえてくる。
もともとその業界にいた著者は懐かしさを感じると共に、その上で鳴る生音が心地よく、観客達と同じように体を揺らして聴き入っていた。
HOWLという空間においては非常にマッチした、優しくて洗練された音。今回が初のワンマンだそうだが、すでに長年ステージを共にしたかのような完成度。年代にも、ジャンルにも属さない。にも関わらず一つにまとまった音たち。
今後彼らがステージを重ねていく上でいつか逸脱しどこかに鋭い先端を持つならば、それは一体どれほどの武器になるのだろう。そんな期待に胸を膨らませる前半。

2部は小川トオルのソロからスタート。シンプルだが、深みのある音が会場に広がっていく。バンドメンバーの中にいる彼とは少し雰囲気が違う。その奥に隠し持っている刄が、静けさを伴い突き付けられる。
メンバーたちが合流し、徐々に盛り上がりをつくり始める。
前半とは少し雰囲気を変え、輪郭がだんだんと浮き上がってくる。一つの料理としてまとまっていた前半、そこにスパイス。エッジが見え隠れしていく後半。たまにピリッとくるような音、お洒落で美味しいだけでは終わらせない。この先をもっと聴きたい。そんな想いが膨らんでいく。
メンバーたちも体を揺らしながら演奏する、その中にいて全くブレを見せない浅田孟。この安定感はなんなのだろう。日本中の誰もが知るロックバンドをプロデュースしたこともある彼の演奏はまさに土台(base)。

終盤は外国人ゲストも降りてきてカウンターで少し頷きながらグラスを傾けている。
バスケットシャツを着た黒人ゲストは一人だったにも関わらず最初から最後まで聴き入っていた。なんどもカウンターでドリンクを注文していた彼は一体どれだけのお酒を飲んでいたのだろう。
ローテーブルを囲んでゆったりと音楽を楽しんでいた日本人グループ。一人立ち上がって体を揺らし続けた人。
今夜のHOWLはここにいた全員が自由気ままに、楽に楽しんだのだろう。そういう意味ではこのステージは誰もが受け入れることのできる様、スタンダードに作ったのかもしれない。
ただ、その先の姿も持っているはずだ。MASCARAQUESTIONSのアイコン「!?」に込められた意味や一人一人のメンバーが持つバックボーン。それらが姿を表す様をここHOWLでも見れる日が来ることを期待してやまない。
ライブが終了してもそのゆったりした雰囲気は残り続け、皆酒を片手に語り合う。
ライブ中とライブ後にボーダーはなく、この余韻すらも彼らの演出かと感じた。


9月4日 出演者: MARACASQUESTIONS(わちけん talkbox, melodion, track / 小川トオル electric guitar / 浅田孟 electric bass),辰巳小五郎 trumpet
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

低音環境(不破大輔 / 高岡大祐)+玉井夕海
2018.09.11(tue) 19:00 開場

渋さ知らズのダンドリスト不破大輔(contrabass)と、類稀なるダイナミックチュービスト・高岡大祐(tuba)の伝説デュオ。2018年、12年ぶりに再始動。東京湾ホエールズ二周目スタートを記念して、玉井夕海との初共演です。

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

出演者:

不破大輔 プロフィール : 1959年札幌生.フリージャズのベーシスト。渋さ知らズ主宰。’80年代に「のなか悟空人間国宝」「フェダイン」に参加。’89年「渋さ知らズ」結成。国内海外様々な場所で演奏。「風煉ダンス」「翠羅臼」「呉一郎」「発見の会」「戌井昭人」など劇伴作曲多数。プロデューサーとして、佐々木彩子、南波トモ子、玉井夕海、十中八九、チョビ渋、川下直広カルテットの音源を手掛ける。最新作は、渋さ知らズ『渋樹』。2000年代後半から各地でワークショップを行い、札幌では2010年より小学4年生から高校1年生の30名の子どもたちと3年間バンドワークショップを経験する。名前は「チョビ渋」。2017年7月より、WISE OWL HOSTELS TOKYO後援『東京湾ホエールズ』ブッキングディレクター。

高岡大祐 プロフィール : チューバ奏者。大阪生まれ。90年代中頃より音楽活動を開始し、以降即興演奏とジャズ、音響的な側面を持つアコースティック / エレクトロニクス的な演奏形態を中心とする。独自に開発した数多くの特殊奏法を駆使しアコースティックでの表現を追求し、吹奏の限界拡張に挑戦中。 近年は、低音金管楽器を特殊な共鳴体として捉えて、生音響を電子音楽のように演奏 / 操作し、アコースティック・シンセサイザーというような音響合成装置のように扱い、「音同士の干渉による自律した変化」に焦点を当てた演奏を多くおこなう。

玉井夕海 プロフィール : 1977年東京生。ウタウタイ。渋さ知らズ。東京藝術大学建築科在学中、宮崎駿アニメーション演出家養成講座『東小金井村塾2』修了。声優として映画『千と千尋の神隠し』リン役、テレビアニメ『亡念のザムド』紅皮伊舟役。映画『もんしぇん』では共同脚本・主演・音楽(Psalm)を、2011年4月から始まった旅の記録映画『White Elephant』では映像作家・神田光と共同監督を務める。 2013年渋さ知らズメンバーとなり、2015年、渋さ知らズ主宰・不破大輔プロデュースによるアルバム『MOTHER SUN』(FUWA WORKS&地底レコード)リリース。2017年9月には、映画『NOT LONG,AT NIGHT』でタッグを組んだ映画監督・遠山昇司とのコラボレーションによるアートプロジェクト《ポイントホープ》もスタート。2017年7月よりWISE OWL HOSTELS TOKYO後援『東京湾ホエールズ』プロデューサー。


09.18 (tue) < 鳴らした場合 1stアルバム「ふつえぬ」レコ発ライブ!!!>
Entrance : 当日 ¥2,000+1drink / 予約 ¥2,000 +1drink (特典★★未発表音源CD-R付き!!★★)

09.25 (tue) < 1周年記念・ラジオ風ライブ『東京湾ホエールズ』 >
Entrance : ¥1,000 +1drink

09.29-30 (sat) 東京湾ホエールズ1周年記念フェスティバル<Howling Whales>
Entrance : ¥1,000+1drink
10月は、類家心平、NORiCO.s、ゆい Soleiyu、佐藤帆、立花秀輝、山口コーイチ、不破大輔、岡村太 and more!!!

おたのしみに…


ABOUT | MENU | MONTHLY | TOPICS | RENTAL SPACE | ACCESS | RECRUIT | CONTACT

©︎2017- SOUND & BAR HOWL