Go to English site →


東京湾ホエールズ ( 2018-05-08 )

”東京湾ホエールズ” 2018年5月イベントスケジュール


東京湾ホエールズ、2018年5月開催分のスケジュールをご紹介します。

※日にちをクリックするとスケジュールへスクロールします。

05.08

05.15

05.22

05.29

以下詳細 -

05.08 (tue) < 登敬三 山口コーイチ 芳垣安洋 不破大輔 >

Entrance : 1,000 / 1D

出演者 : 登敬三ts / 山口コーイチpf / 芳垣安洋ds / 不破大輔cb

登敬三 プロフィール : 1960年生まれ。テナーサックス奏者。京都在住。世界で活動。

山口コーイチ プロフィール : 三歳よりピアノを始める。国立音楽大学卒。クラシック奏法、和声、厳格対位法、音楽分析、指揮法などを学ぶ。J.S.バッハの作品に10代より傾倒しそれは今も続く。パイプオルガンによる古楽演奏法を徳岡めぐみ氏に師事。ジャズは独学。在学中よりジャズ、タンゴ、即興演奏、バッハを中心にした演奏活動をはじめ、国内はもとより、epocus(永井朋生ds.カイドーユタカb)でのインドネシアツアー、渋さ知らズ(不破大輔)でのヨーロッパ、カナダと20カ国以上に上るツアーに参加し、各地の重要なフェスティバルや大劇場に出演。
2000年にはAAS(立花秀輝)で横浜ジャズプロムナードコンペティションにてグランプリ待遇。様々なレコーディングにピアニスト、オルガニスト、アレンジャーとして参加。
現在は「オンゾ アニマムジカ(w/青山健一 映像)」「シワブキ(w/磯部潤ds)」「ゲンゴクインテット(w/定村史朗vl.柴田奈穂vl.糸永衣里vla.不破大輔b.)」「山口コーイチカルテット(w/高橋保行tb.村田直哉tt.清水良憲b.)」「山口コーイチトリオ(w/不破大輔b.つの犬ds.)」を主宰。また「渋さ知らズオーケストラ(不破大輔)」「川下直広4(川下直広ts、不破大輔b、岡村太ds、山口コーイチp)」「リマタンゴ(廣澤哲ts.山口コーイチp.清水良憲cb)」「AAS(立花秀輝as.山口コーイチp.カイドーユタカcb.磯部潤ds)」等に参加、他にも様々なセッション、レコーディング、アレンジ等々。埼玉県ときがわ町在住。 PHOTO BY MURATA YOSHIKAZU

芳垣安洋 プロフィール : 関西のジャズエリアでキャリアをスタートさせ、モダン・チョキチョキズ、ベツニ・ナンモ・クレズマー・オーケストラ、渋さ知らズなどに参加後上京。
渋谷 毅、山下洋輔、坂田明、板橋文夫、梅津和時、片山広明、巻上公一、ホッピー神山、大島保克、菊地成孔、オオヤユウスケ、高田漣、ヤドランカ、酒井俊、長谷川きよし、カルメン・マキ、おおたか静流、小島真由実、浜田真理子、カヒミ・カリィ、UA、原田郁子、John Zorn、Bill Laswellなど様々なミュージシャンと共演。 現在、ROVO、大友良英ニュー・ジャズ・オーケストラ、南博GO THERE、アルタード・ステイツや自己のバンドVincent Atmicus、Emergency!、Orquesta Nudge!Nudge!等のライブ活動の他、蜷川幸雄や文学座などの演劇や、映画の音楽制作も手掛ける。 メールスジャズフェスを始めとする欧米のジャズや現代音楽のフェスティバルへの出演や、来日するミュージシャンとの共演も多く、海外ではインプロヴァイザーとしての評価も高い。 レーベル「Glamorous」を主宰する。

不破大輔 プロフィール : 1959年札幌生.フリージャズのベーシスト。渋さ知らズ主宰。
’80年代に「のなか悟空人間国宝」「フェダイン」に参加。’89年「渋さ知らズ」結成。国内海外様々な場所で演奏。「風煉ダンス」「翠羅臼」「呉一郎」「発見の会」「戌井昭人」など劇伴作曲多数。
プロデューサーとして、佐々木彩子、南波トモ子、玉井夕海、十中八九、チョビ渋、川下直広カルテットの音源を手掛ける。
最新作は、渋さ知らズ『渋樹』。2000年代後半から各地でワークショップを行い、札幌では2010年より小学4年生から高校1年生の30名の子どもたちと3年間バンドワークショップを経験する。名前は「チョビ渋」。

05.15 (tue) < Moon♀ Mama a.k.a. PIKA >

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : Moon♀ Mama a.k.a. PIKA

Moon♀ Mama a.k.a. PIKA プロフィール
ミュージシャン / アーティスト 1983年12月7日 大阪阿倍野生まれ。 2002年 ロックバンド「あふりらんぽ」を結成。ドラムボーカルを担当、 2004年にソニーキューンレコードからメジャーデビュー、2010年に解散。 その後ソロ活動を始動させながら AcidMothersTemple~cosmicinfelno~にて紅一点ドラマーを務め2011年卒業。 YOKO ONO PLASTIC ONO BAND のパーカッションを担当するなど、「satori.」「モンモン♀トゥナイト」「光宙☆魔呼斗」など、国内外数々のミュージシャンとの即興演奏、ノイズ演奏、ユニットなど活動は多彩。 小学校のゲストティーチャーに招かれ音楽と芸術のワークを担当・講師を務めるなど、現在は子どもを交えた音楽つくりもはじめ、 PIKA☆ドラム教室・ワークショップを展開し、自身が体感して得たメソッドを広げる活動にも精を出す。 ドラム以外にもギター弾き語りや、その他、写真、絵画、役者活動、パフォーマンス等、多様なジャンルで活動を繰り広げ、 幅広い視野でハプニングかつ実験的でプリミティブな音楽を追求する。 2011年の東日本大震災を受けてエネルギーを考える祭つくりプロジェクトTAIYO33OSAKAを発起し「太陽大感謝祭」を地元大阪で開催、 フィールドレスな発信で一般市民の関心を巻き込んでいくなど、音楽以外での活動でも注目を浴びる。 2017年より新しい世界へ!Open the new WORLD を テーマに こどもとおとなも 一緒に参加できるワークショップ型イベント「onokoro」を主宰。 その天真爛漫で垣根の無い表現活動は今だ世界を駆け巡り、彼女の壮大な宇宙観は見る人を魅了し続けている。 2016年 あふりらんぽ再結成。
WEB http://pineco.pw

05.22 (tue) < さがゆき anil eraslan ~public recording live~ >

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : さがゆき / anil eraslan

さがゆき プロフィール : 東京出身。5才にして歌手になることを決意。 言葉を伴う「うた」を歌う歌手であると同時に、言葉の伴わない「声」を楽器としたフリーキーで幻想的な「完全即興」を歌う稀有な存在でもある。 フランス「Jazz in JapanⅥ」、アムステルダム「メシアン記念音楽祭」、インド「ジャズヤトラー音楽祭」、 オランダ「Northnetheland Jazz Festival」、韓国「アートフェスティバル」、等に出演するなど海外での活動も多い。高橋悠治作曲「眼の夢」の初演、舞踏家の大野一雄や詩人の谷川俊太郎との共演…等、様々な現代のアートにも自在に出入りする。

[主な共演者]
中村八大、富樫雅彦、高橋悠治、北村英治、渋谷毅、潮先郁男、加藤崇之、内橋和久、金大煥、姜泰煥、菅野邦彦、小室等、鬼怒無月、フェビアン・レザ・パネ、林栄一、手島大輔、喜多直毅、谷川俊太郎、大野一雄、澤井一恵、白石かずこ…他。

[現在の参加ユニット]
※SYNAPSE(加藤崇之+さがゆき)…インプロ、ボサノバ、ジャズ
※LONICERA(小室等+さがゆき)…日本語ジャズとオリジナル
※Rhysotto(手島大輔+阿部恭平+さがゆき)…マヌーシュジャズ
※Mimicry(さがゆき+清野拓巳)…オリジナル
※COQUETTE(加藤崇之+宮野裕司+さがゆき)…ジャズ、ボサノバ
※うずらぎぬ(水谷浩章+さがゆき)…オリジナル
※FADO化計画(喜多直毅+翠川敬基+さがゆき)…ファド等
※菅野邦彦ユニット(菅野邦彦+佐々木豊+新井光子+さがゆき)ジャズ
※針兎(佐藤正治+さがゆき)…インプロと曲
※Tezzle Mozzle(永見行崇+新井光子+さがゆき)ボサノバ、ジャズ

アルバム作品多数。国内、外での即興ワークショップも多く行っている。
HOT jazzスクール講師。
WEB http://www.aruma.be

Anil Eraslan(アニル・エラスラン) プロフィール : チェリスト、コンポ―ザー、写真家。クラシック、現代音楽、ジャズ、即興音楽を主に演奏。トルコ南西部の都市、ブルドゥルに1981年生まれる。その後フランスに移り、strasbourg conserystory(ストラスブール国立音楽院)で学んだ後著名なアーティストとのコラボレーションを重ねる。数々の賞を受賞。現在は世界中からのオファーを受け、パリ、ストラスブール、ベルリン、イスタンブールを拠点に多忙な音楽活動をしている。
Hosek Contemporary(ベルリン)でのさがゆきとの共演の反響がきっかけとなり、今回、初来日の運びとなる。
WEB http://www.anileraslan.com

05.29 (tue) < DOBU SOUND SYSTEM >

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : 高橋保行(tb,etc) / 後関好宏(ts) / 松井宏樹(as) / 加藤一平(gt) / 溝辺隼巳(b) / 池澤龍作(dr)

高橋保行 プロフィール : trombone.作編曲mix. 唄、料理 cooking songsとか渋さ知らズとかDOBU SOUND SYSTEMとかびびびとか藤井郷子オーケストラとかやってます!
WEB https://twitter.com/micro_t

後関好宏 プロフィール : saxophonist、beat maker GO$EKK¥ stim、WUJA BIN BIN、ホテルニュートーキョー、ASA-CHANG&巡礼、田我流とカイザーソゼに参加。ex-在日ファンク
WEB https://twitter.com/gosekky

松井宏樹 プロフィール : alto,soprano saxophone1983年福岡生まれ。幼少期からレコードコレクターの父の影響で様々な音楽を耳にし、4歳からピアノを始める。
​ 12歳のときにアルトサックスを始め、中学・高校時代はヤマハPMSにて伊多倉潔氏に指導を受ける。福岡大学付属大濠高校を卒業後、立命館大学に入学。めでたく本格的にジャズに目覚める。在学中はビッグバンド、RU swingin herd jazz emsemble に3年間在籍。またリーダーカルテットで京都府内のライブハウスに出演し、更に三条大橋でソロでのストリートパフォーマンスも精力的に行う。藤吉悠氏に師事。2006年10月より活動の場を東京に移す。池田篤氏に師事。新宿ピットイン昼の部を拠点にしながら自己のバンドを活動させ続ける。
2011年、EMI music japan より発売の井上銘guitar デビューアルバム「First Train」に参加。2012年、Jazz God Father・鈴木勲picc-bass のグループ [OMA SOUND]に加入。氏の音楽観に絶大な影響を受ける。長野、金沢、名古屋他へのツアーに参加。2013年より菅原高志drums の年2回の熊本・諫早を中心とした九州ツアーに参加。現在もツアーは続いている。2014年5月、ハイレゾ音源限定「Koki Matsui4 Live at UNAMAS」を発表。録音メンバーはのちの[gradate]。2016年7月、松井宏樹・菅原高志カルテット「Freeture」をリリース。好評を博している。(他メンバーは加藤一平guitar・小牧良平bass)
​ 現在自己のバンド [gradate] (魚返明未piano 大塚義将bass 吉良創太drums)鈴木勲b [OMA SOUND]、福村博trombone グループ等で都内、全国で活動中。
これまでの共演者 (一部。敬称略。)
板橋文夫piano 大我drums 大坂昌彦drums 鈴木勲bass 原大力drums 川嶋哲郎tenor sx 池田篤alto sx 米木康志bass 辛島文雄piano 本田珠也drums 竹内直tenor sx 林栄一alto sx 福村博trombone 南博piano 向井秀徳vo,guitar(zazen boys) 他。
WEB http://www.kokimatsui.com

加藤一平 プロフィール : ギタリスト。1982年東京生まれ。埼玉県飯能市 私立自由の森学園中学校・高等学校 卒。専門学校 ESPミュージカルアカデミー・ギタークラフト科 卒>
使用楽器エレキギター:Stratocaster(自作)
ガットギター:RYOUJI MATSUOKA M25
好きなもの : 充分な睡眠、ラーメン、肉、チョコ、アイス、ピック収集、ストレッチ、カレー作り(初心者)
20歳のときにギターを始める。独学。都内各所のセッションで腕を磨く。23歳の時、NYに半年滞在。ジャムセッション、ライブにて腕を磨く。
   帰国後、鈴木勲(b)、日野皓正(tp)、Han Bennink(ds)、中牟礼貞則(g)、不破大輔(b、ダンドリスト)、坂田明(as)、梅津和時(as、cl)、加藤崇之(g)、dj honda(DJ)、coba(accordion)、是安則克(b)、Keiko Lee (vo)、のなか悟空(ds)、川嶋哲郎(ts)、音川英二(ts)、松本健一 (sax、尺八) 、臼井康浩(g)、本田珠也(ds)、Grace Mahya(vo)、KILLER-BONG (DJ、rap、MPC)、タブゾンビ(tp)、丈青(p)、元晴(sax)、秋田”ゴールドマン”紀彰(b)、市原ひかり(tp)、大西由希子(as)、etcと共演。
WEB https://twitter.com/katouippei

溝辺隼巳 プロフィール : 1989年、広島県広島市出身。コントラバスを早川岳晴氏に師事。improvisation6(福島ピート幹夫)、スガダイロートリオ、DOBU SOUND SYSTEM、鈴木伸明トリオ、The LostCherry、Quintethenceといったバンドや即興セッションに参加する傍ら、自らの「うろんろん」、「EASY MEAT-ing」で活動中。ヘンテコで美しい音楽が好き。
WEB http://zobe883.hatenablog.com

池澤龍作 プロフィール : 幼少の頃より家で流れていた様々なジャンルの音楽に親しみ、ライブで体感したジャズや即興音楽をルーツに自由な発想、感覚で表現する音楽家や表現者を敬愛し自然と自らも志すようになる。古澤良治郎氏に師事。洗足学園JAZZ科に一期生として入学し大坂昌彦氏に師事。Berklee音楽大学への留学を経て帰国後はジャンル、スタイル、国内外を問わず様々な分野のアーティストと共演を重ね、数多くの刺激的なバンドやセッションで独創的なドラムと歌心ある繊細かつ大胆な表現により、その演奏を未知の領域にまで拡張する。その活動範囲は楽曲や歌〜Improvisation/即興演奏、レコーディング(アーティストのサポート、TVCMや映画、ゲーム音楽)までボーダーレスに多岐に渡り発信している。
2012年3月に自身初となるソロアルバム「池澤龍作 / IKEZAWA RYUSAKU 」をリリース。
現在レギュラーとしては、ケイタイモ(ex BEAT CRUSADERS,MONG HANG)率いる13人編成ジャズロックオルタナプログレ吹奏楽団「WUJA BIN BIN」、ピアニスト”スガダイロー”率いるフリージャズトリオ「Little Blue」&和楽器ビッグバンド「大群青」、岩見継吾と栗田妙子と結成した新感覚ピアノトリオ「Oncenth Trio」、鍵盤打楽器奏者山田あずさ(nouon,WUJA BIN BIN)との打楽器Duo「MoMo」、高橋保行(渋さ知らズ)と伴瀬朝彦(片想い)の双頭ポップスバンド「Cooking Songs」、吉田隆一(black sheep)の楽曲演奏プロジェクト「赤い砂漠 -Deserto rosso-」‥‥ など刺激的バンドにて参加活動中。
WEB https://ameblo.jp/giev-rutang

東京湾ホエールズ

開催日:毎週火曜日開催

場所:Sound & Bar HOWL
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目22−9 WISE OWL HOSTELS TOKYO B1F

時間:19:00 - 23:00

Artists :
不破 大輔 , 玉井夕海


LIVE WITH OWLS, AND YOU LEARN TO HOWL.

TOP | MONTHLY | TOPICS | Artists / DJ's | PARTY REPORT | RENTAL SPACE | ABOUT HOWL | ACCESS | CONTACT

©︎2017- HOWL Inc. All right reserved.

サイト内の文章、画像などの著作物はSOUND & BAR HOWLまたはその情報提供者に帰属します。複製、無断転載を禁止します。