Go to English site →


東京湾ホエールズ ( 2018-04-12 )

SPECIAL REPORT!! - with MAD-KAB-AT-AshGate -



※画像をクリックすると拡大します

今日の東京湾ホエールズはまた一段と男気に溢れている。
MAD-KAB-AT-AshGateは石渡明廣(g,リーダー)、後藤篤(tb)、上村勝正(b)、湊雅史(ds)によるジャズバンド。同バンドのオリジナル曲の作曲は全てリーダーの石渡明廣が行っており、そのムーディでファンキーな曲たちはここHOWLの空間を、ディープでクラシカルな空間に作り上げていく。

なんて力強いんだろう。演奏が始まってまず思う。
それはドラマーが湊雅史だから、というだけの話ではない。後藤篤のトロンボーンは太く、そして深く、パーカッションのようなインパクトを身体に与えてくれる。
上村勝正のベース、この力強い音達の中にいて、最も低域の音でありながらその存在感を発揮する。マッドカブのムーディさを演出する重要人物を感じる。
湊雅史、絶対的リズムの中にある不規則な彼の主張を感じる。その不規則さが訪れるたびに体をよじり、唸る観客たち。古いHarley-Davidsonの不規則なエンジンの鼓動。そこにある振動、高揚感に似た感覚。
そしてリーダーの石渡明廣、彼のギターは上にも下にも縦横無尽に駆け回る。トロンボーンとともにリードし、時にドラムやベースを引き立てる。「彼がリーダー」そうなんども紹介する後藤篤をはじめ、彼に対するメンバーの信頼が、マッドカブの演奏に素晴らしい厚みをもたらしていた。

曲調は目紛しく変化し、それぞれの曲が一つの物語のように展開していく。
時にはシガーバーのように重厚に、時にダンスホールのように華やかに、シームレスに変わる情景、一瞬たりとも飽きさせない。
毎曲、曲が終わりかけると拍手喝采を待てない観客たちがフライング気味に歓声を上げはじめる様子が印象的だった。

ライブ中、私はたまたま”いい音”を聴くことができた。飲み干され、カウンターに置かれたグラス。その中の氷が溶け、「ラカンッ」と音を立てた。
バーにいればそれは時折耳にする音だが、”いい音”として耳に入り、自分自身でその事を認識できたのは初めてだった。
その場の雰囲気、演奏するメンバー、曲、全ての要素が折り重なった時、”いつものこと”が特別に感じられる。そんな体験をした瞬間だった。
これは紛れもなくマッドカブの力、烏滸がましくもその時、彼らの音楽が見えた気がした。

今日は外国人ゲストも多数訪れていた東京湾ホエールズ。
ソファに座るドイツ人二人組はストレートのウィスキー、そしてジャパニーズサケをじっくりと飲みながら最後まで楽しんでいた。
カウンターに座るイギリス人女性二人組も、ライブの強弱に反応し、度々振り返っては拍手を送っていた。
その他多数の外国人ゲストたちに、「日本人のJAZZって良いでしょ!」なんて、なぜだか誇らしい気持ちを持ちつつライブは終了。
毎回、何かしらの初体験と感動をもたらしてくれる東京湾ホエールズ。
まだ来たことのない人にはぜひ「自分の中の音楽の財産」を増やしに来て欲しい。


4月10日 出演者: MAD-KAB-AT-AshGate 石渡明廣(g) 後藤篤(tb) 上村勝正(b) 湊雅史(ds)
制作 : 玉井夕海 不破大輔

~東京湾ホエールズは、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指し発足したスペシャルチームです。~
WISE OWL HOSTELS TOKYO は、2016年7月。東京・八丁堀駅から徒歩5分の交差点にオープンした新しいホステルです。 宿泊する方の8割は世界各地からの来訪者。『東京湾ホエールズ』の舞台は、その地下にあるSOUND & BAR HOWLです。深く暗い森をイメ ージし設計された音空間には、様々な国籍の旅人と混じり、地元八丁堀で働く人々やこの場所を目指して集う日本各地の人々が集っています。
近年、急激なインターネットの普及や社会情勢の変化と伴い、音楽や演劇を始めとするパフォーマンス業界や各種アートシーンに転換期が訪れています。オリンピックを控えた魔都・東京。その中心地に位置するWISE OWL HOSTELS TOKYOとの全面タッグにより発足した『東京湾ホエールズ』は、 新たな旅とエンターテメントビジネスの可能性を探り、遠い記憶を呼び覚ます時空の提案を目指します。


- 次回開催情報

2018.04.17(tue)  19:00 開場
『夢は世界平和です〜アーティストの仕事ってなんだろう〜』

※リハーサルなどの状況により多少前後する事がございます。ご了承ください。

出演者:

毛利義孝 プロフィール
1963年生まれ。社会学者、文化研究/メディア研究。東京藝術大学美術学部大学院国際芸術創造研究科アートプロデュース教授。編著本『アフターミュージッキング』東京藝術大学出版会から好評発売中。
専門は社会学・文化研究。特にメディアや文化と政治の関係を考察している。京都大学経済学部卒。ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ MA(メディア&コミュニケーションズ)、同PhD(社会学)。九州大学大学院助手・助教授を経て現職。2002~2003年ロンドン大学客員研究員。Inter-Asia Cultural Studies (Routledge) 編集委員。主著に『文化=政治:グローバリゼーション時代の空間の叛乱』(2003年、月曜社)『ポピュラー音楽と資本主義』(2007年、せりか書房)など。
Dr. Yoshitaka Mōri is Professor at Tokyo University of the Arts. His research interests are postmodern culture, media, art, the city and transnationalism. His publications include Street no Shiso (The Philosophy in the Streets) NHK Publications, 2009 and Popyurā Myūjikku to Shihonshugi (Popular Music and Capitalism) Serica Shobō, 2005/2012 (in Japanese) and “J-Pop Goes the World: A New Global Fandom in the Age of Digital Media” Made in Japan: Studies in Popular Music, T. Mitsui (Ed), Routledge, 2014, and “New Collectivism, Participation and Politics after the East Japan Great Earthquake”, World Art, Routledge/Taylor & Francis, 5/2, 2015 (in English).

https://mobile.twitter.com/mouri

会田誠 プロフィール
1965年新潟県生まれ。1991年 東京藝術大学大学院美術研究科修了。絵画、写真、映像、立体、パフォーマンス、インスタレーション、小説、漫画など表現領域は国内外多岐にわたる。小説「青春と変態」(ABC出版、1996 / 筑摩書房、2013)、漫画「ミュータント花子」(ABC出版、1999 / ミヅマアートギャラリー、2012)、エッセイ集「カリコリせんとや生まれけむ」(幻冬舎、2010)、「美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか」(幻冬舎、2012)など著作多数。近年の主な個展に「天才でごめんなさい」(森美術館、2012-13)、「考えない人」(ブルターニュ公爵城、フランス、2014)、「世界遺産への道!!~会いにいけるアーティストAMK48歳」(霧島アートの森、2014)、「ま、Still Aliveってこーゆーこと」(新潟県立近代美術館、2015)、「GROUND NO PLAN」(青山クリスタルビル、2018)など。

https://mobile.twitter.com/makotoaida?lang=ja

玉井夕海 プロフィール
1977年、東京生まれ。ウタウタイ。
東京藝術大学建築科在学中、宮崎駿アニメーション演出家養成講座『東小金井村塾2』修了。声優として映画『千と千尋の神隠し』リン役、テレビアニメ『亡念のザムド』紅皮伊舟役。映画『もんしぇん』では共同脚本・主演・音楽。女優として映画『NOT LONG,AT NIGHT』(東京国際映画祭<第25回日本映画・ある視点部門>ノミネート)や舞台『空中キャバレー』(串田和美演出)『南へ』(野田秀樹演出)等出演。
2012年6月から一年間、松本に在住。街のあちこちで歌い、iPhoneのヴォイスメモで録音したアルバム『ales』を制作。2013年10月より『渋さ知らズ』。2015年9月、同主宰・不破大輔プロデュース『MOTHER SUN』(Fuwa Works&地底レコード)リリース。また『赤崎水曜日郵便局』『夢の学び舎〜いわき学校プロジェクト』など長期アートプロジェクトにも参加。
2011年4月から始まった旅の記録映画『White Elephant』では神田光との共同監督を務める。

- - - - - - - - - -
美術手帖
INSIGHT / PROMOTION - 2018.2.16
いまアーティストに何ができるのか。毛利嘉孝が見た会田誠展

https://bijutsutecho.com/insight/12016/

「Ground No Plan」
大林財団による新助成制度「都市のヴィジョン」を受け、第1回目の助成対象アーティスト・会田誠の個展「Ground No Plan」が開催されている。東京・青山の地下2フロアを大胆に使ったこの展覧会で会田は何を提示しているのか? 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科教授の毛利嘉孝がレビューする。
文=毛利嘉孝


LIVE WITH OWLS, AND YOU LEARN TO HOWL.

TOP | MONTHLY | TOPICS | Artists / DJ's | PARTY REPORT | RENTAL SPACE | ABOUT HOWL | ACCESS | CONTACT

©︎2017- HOWL Inc. All right reserved.

サイト内の文章、画像などの著作物はSOUND & BAR HOWLまたはその情報提供者に帰属します。複製、無断転載を禁止します。