Go to English site →


東京湾ホエールズ ( 2017-08-09 )

”東京湾ホエールズ” 9月イベントスケジュール


2017年7月のHOWL1周年を皮切りに本格始動した”東京湾ホエールズ”。
ここでは9月開催のスケジュールをご紹介、今回も様々な業界からアーティストが続々登場します。

※日にちをクリックするとスケジュールへスクロールします。

09.05

09.12

09.19

09.26

以下詳細 -

9.05 (tue) < With 山村俊雄(絵画) >

Entrance : 1,000 / 1D

出演者 : 山村俊雄(絵画) 玉井夕海

WEB : https://ameblo.jp/mayamaya909/ >>>

MORE DETAIL : 9月に下北沢アレイホールにて個展「原器ー原器」&山村俊雄 音楽会(プロデュース不破大輔)を開催する山村画伯との宴。
ピアノ、アコーディオン、時おりギターを弾き歌う玉井を、山村画伯がその場でドローイング。増えていく絵の中で音楽会は進んでいくのではないかと思います。静かで美しい夜になるでしょう。

プロフィール : 1957年生まれ。 20代博多にて総合表現集団ビタミン工房を新開一愛と共に立ち上げる。新開一愛死去に伴い解散。この期間中多数の音楽家、舞踏家等と出会う。 1983年この時期より舞台美術に関わる。主な仕事としては、山本寛斎ファッションショー土方巽追悼公演、舞踏集団「白桃房」、大駱駝艦など主に舞踏舞台美術に多数参加制作。
1991年より個展を中心に作品を発表。制作発表の場所を宇都宮市にある大谷地下採石場に移す。2003年迄断続的に作品発表。この期間中に山海塾初期メンバーの1人滑川五郎と大谷バウハウス計画設立。 2003年より2015年迄沈黙時期。主に店舗等に作品を提供。 2015年再び作品発表現在に至る。

9.12 (tue) < With リリアナ&山口コーイチ - タンゴナイト - >

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : リリアナ 山口コーイチ

WEB : リリケンクラブ >>

WEB : 山口コーイチ twitter >>

MORE DETAIL : リリアナ氏は、1989年の渋さ知らズライブから「乳房知らズ」オリジナルメンバーとして参加しているダンサーで、英国のタンゴ雑誌の表紙にもなったことも。世界各地で踊っていらっしゃる魅惑の踊り子です。
山口コーイチ氏は言わずと知れた、渋さ知らズのピアニスト。ソロは勿論その演奏は様々なコラボレーションを経て、その実力は各方面で期待されています。作曲家として素晴らしい楽曲を残していらっしゃると共に、アレンジャーとしても活躍中。渋さ知らズが毎年恒例で参加させて頂いております、クラシックの祭典<ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン>での各曲、玉井夕海ソロアルバム『MOTHER SUN』のアレンジ等、数多くの優れたお仕事を手掛けておられます。 リリアナ氏のソロタンゴと、コーイチ氏のソロピアノの掛け合い。ワインをひと瓶抱え息を呑んで見つめたいひとととき。

中田リリアナ清香(さやか) プロフィール : 「渋さ知らズ」発足当時から「乳房知らズ」という名のダンスグループで参加。
そして、アルザンチンタンゴダンスペア「ケンジ&リリアナ」として国内外で活動中。

山口コーイチ プロフィール : 福岡県北九州市出身 国立音大在学中より演奏の仕事を始め、即興演奏、ジャズ、タンゴ、バッハを中心とした演奏活動を続けている。
山口コーイチトリオ(w/不破大輔b.つの犬ds)でスタジオウイーよりCDを二枚リリース。現在は「山口コーイチトリオ」「シワブキ(w/磯部潤ds)」「ゲンゴカルテット(w/定村史朗vl.柴田奈穂vl.糸永衣里vla.不破大輔b.)」「onzo(w/青山健一・映像)」を主宰。
「渋さ知らズ」「川下直広4(川下直広ts、不破大輔b、岡村太ds、山口コーイチp)」「リマタンゴ‼︎(廣澤哲ts.山口コーイチp.清水良憲cb)」「AAS(立花秀輝as.山口コーイチp.カイドーユタカcb.磯部潤ds)」等に参加、他にも様々なセッション、レコーディング、アレンジ等々。

9.19 (tue) < With 鈴木常吉 北陽一郎 >

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : 鈴木常吉vo.g.ac 北陽一郎tp

WEB : 鈴木常吉 twitter >>

WEB : 北陽一郎 Facebook >>

MORE DETAIL : 鈴木常吉氏は、1990年代にTBSの深夜枠で放送された、日本ロックの名物番組『三宅裕司のいかすバンド天国』(通称・イカ天)に出演し、※1イカ天キングとなった「セメントミキサーズ」のリーダーでした。最近ではドラマ「深夜食堂」に主題歌を提供。映画ではオダギリジョー氏と共演・・・と話題にこと欠きません。素敵なソングライティングと、堂々且つ色気のある歌いっぷりに、会場はその酔いっぷりを増す事になることでしょう。
北陽一郎氏は、渋さ知らズが創設して間もない頃からのメンバー。ある日、バイクに乗ってリハーサルに来る途中事故に遭い負傷するもそのまま参加。左腕をブラブラさせながら最後まで飄々とトランペットを吹く様にみんなが恐れおののいた。という話や、ライブの度にいろんなカツラを被ってくるのに誰もそのことに触れなかった。という話は語り草です。
恐らく今回がduo初となりますお二人の顔合わせ。Deepな世界が表出すること間違いなし!
※1、審査員によってチャレンジャー賞バンドが選ばれて前回のイカ天キング(チャンピオン)バンドと対決して勝った方がイカ天キングとなる。

鈴木常吉 プロフィール : '80年代後半のバンドブームの火つけ番組「イカすバンド天国」の7代目イカ天キング「セメントミキサーズ」のボーカル、ギター担当。
セメントミキサーズ解散後、「つれれこ社中」にボーカル、ギター、アコーディオンで参加。その後、ソロ活動中心となり、テレビドラマ「深夜食堂」のオープニング、挿入歌に楽曲が使用され注目を集める。
'16年、映画「オーバーフェンス」(佐藤泰志原作、山下敦弘監督)ではオダギリジョーらと共演。たまに俳優としても活躍中。

北陽一郎 プロフィール : クラシックから即興演奏まで幅広く演奏している。1991年より渋さ知らズ、2003年よりシカラムータ、ベツニ・ナンモ・クレズマーに参加し、国内のフェスティバルはもとより、ヨーロッパ等で多くのコンサート・フェスティバルに参加し、世界中の演奏家と共演。
John Zorn’s COBRAにも参加している。最近では、特殊奏法を用いたトランペットソロに取り組んでいる。
2006年より、即興についてのレクチャー・講師によるミニコンサート・即興ワークショップを行う即興芸術研究会を不定期に開催している。
渋さ知らズ、シカラムータなどでのCDのほか、1996年に法律と音楽を融合させた「ラップ憲法」、2005年に「KITA Ninja Jockey KO-ON-TEN WARSAW LIVE」、2014年にSoon KIM、井野信義とのトリオ「KIK」で「Hotel the Strasse」。クラフトワークの初期メンバーEberhard Kranemannと「ONE WORLD-ONE SOUND」、「SPONTANEOUS COMPOSITIONS」の2枚のCDをリリースしている。

9.26 (tue) < With 川下直広 原田依幸 - 演歌の心 - >

Entrance : ¥1,000 / 1D

出演者 : 原田依幸 川下直広

WEB : 川下直広 twitter >>

MORE DETAIL : 原田依幸氏は、日本JAZZ史に燦然と輝く「生活向上委員会」リーダーにして、初期RCサクセッションのメンバー。昨年はドンモイエを迎えて「生向委」を再開。フリージャズの大家、最高のピアニストです。
川下直広氏は、不破大輔が19歳の時から共演し、最も深い関わりを持ってきたサックス奏者。のなか悟空と人間国宝、フェダイン、川下直広カルテット・・・とバンド変われどその深いテナーサックスの音色と豪放すぎるサウンドは老若男女の心を鷲掴みにして突き飛ばします。
この二人が一体何を、、、もしかしたら演歌を奏でたら、、どうなるのだろう?
「以前、原田さんが川下さんに演歌やろうぜと話していた事を思い出してこの企画のタイトルになりました、がどうなるかどの様な演奏になるのか分かりません知りません。」from 不破大輔

原田依幸 プロフィール : ピアニスト。1975年、梅津和時とニューヨークに乗り込み、ウィリアム・パーカーらロフト系ミュージシャンと競演。
帰国後、伝説的なジャズオーケストラ「生活向上委員会大管弦楽団」結成、一世風靡する。1980年、梅津とのデュオでドナウエッシンゲン音楽祭出演、大絶賛を博す。
その後、富樫雅彦、アンドリュー・シリル、トリスタン・ホンジンガー、ルイスモホロ、等と競演。2016年、久々に梅津和時とのコンビを復活、ゲストにドンモイエを招いて行われた「TIME TUNNEL 生活向上委員会2016」全国公演は大きな話題となった。
現在は石塚俊明、望月英明、時岡秀雄を擁する自身のユニットを中心に、角田健、纐纈雅代とのトリオでも活動。オリジナル・リーダーアルバム多数。

川下直広 プロフィール : 1982年、野中みつまさ、不破大輔、吉田哲治と「人間国宝」として活動。86年、不破大輔、大沼志朗とフェダイン結成。
90年、CD「フェダインファースト」発表、91年、ミュージックマガジン年間ベストアルバム第一位(ジャズ部門)に輝く。95年、映画「エンドレスワルツ」(若松孝二監督)出演。96年、ドイツメールスジャズフェスティバル出演。97年、ロシア、リトアニアツアー。99年、サニーマレーと共演。2000年、フェダイン解散。
現在は不破大輔、山口コーイチ、岡野太を擁する自身のカルテットを中心に活動。さらに三上寛、渡辺勝、南正人、中山ラビ等、他ジャンルの歌手、音楽家との共演も多い。2016年、初のスタンダード集『初戀』発表、高い評価を受ける。リーダ&参加アルバム多数。

東京湾ホエールズ

開催日:毎週火曜日開催

場所:Sound & Bar HOWL
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目22−9 WISE OWL HOSTELS TOKYO B1F

時間:19:00 - 23:00

Artists :
不破 大輔 , 玉井夕海 , とっくん


LIVE WITH OWLS, AND YOU LEARN TO HOWL.

TOP | MONTHLY | TOPICS | Artists / DJ's | PARTY REPORT | RENTAL SPACE | ABOUT HOWL | ACCESS | CONTACT

©︎2017- HOWL Inc. All right reserved.

サイト内の文章、画像などの著作物はSOUND & BAR HOWLまたはその情報提供者に帰属します。複製、無断転載を禁止します。